検索結果

  • 澤田酒造_蔵(外観)
  • ► 澤田酒造株式会社
    【造りは古式伝承】
    現代の技術を取り入れながらも昔から良いとされている製法や道具での造りを守っています。
    特長的な道具としては、蒸米が自然に適度な水分量になるよう「木の甑」を使用し、酒造りの要のひとつである麹造りはすべてのお酒において「麹蓋」というひとつで一升五合までしか造れない木の道具で丁寧に造っています。
    【お酒のコンセプトは究極の食中酒】
    この地域の風土を大事に思い、旨みが強い愛知の発酵調味料(豆味噌、たまり、酢、みりん等)で味付けされた郷土食に合わせることを軸に、現代の食に寄り添う形に再構築をしながら醸しています。
    しっかりとした米の旨みと高い酸度(いわゆる旨口酸)が特長で、旨口濃醇のフルボディタイプながらも後味はスッキリ飲めます。
    仕事後に晩酌をするような昔ながらの気取らないお酒を目指しています。
> 前のページに戻る